TREKマドンのハンドルバーを交換しました。

Pocket

こんにちは。
チャリ男です。

愛車「TREK Madone5.9」のハンドルバーを交換しました。
今まで倉庫に眠っていた仮のハンドルバーを使っていたのですが、サイズが合わなくて辛かったので、いい加減にハンドルバーを交換しました。

今までは昔に流行ったアナトミックタイプを使っていました。
12665898_855859921191696_1218358316_n

見た目通りめちゃくちゃでかいので、下ハンを持ったときにブレーキレバーまでの距離が遠く、手の小さな日本人には合いません。ブレーキがしんどいし、位置が前に出るのでステムを短くしないとポジションが遠くなってしまって疲れます。
だいぶ肩がこりました。
自転車で大事なポジションを無視して数ヶ月我慢して走ってました。

今回買ったのは、中国の無名カーボンハンドルバーです。
理由はカーボンで安かったから!
いっぱい買っている人もいるようなので、まあ大丈夫だろうとポッチとしてしました。
今のところは問題なしです!
強度も大丈夫そうです。
Aliexpressで購入しました。

写真撮るの忘れてしました!汗
13292852_10209823864339230_1216832908_n

こんな感じです。
これは今主流のコンパクト??
少しアナトミックシャロー?っぽいタイプです。
ハンドルバーの幅は40mmにしました。

ハンドルバーがコンパクトでブレーキが握りやすい、
そしてバーの位置も手前に来たので、姿勢が改善され
疲労が少なくなりました。

本当ポジションって大事です。
いままでよく頑張った!
日本人の方はアナトミック避けたほうが良いと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です