RaphaのBREVET WINDBLOCK JERSEYを購入

Pocket

こんにちは。
チャリ男です。

ここ最近は天気が悪いことを言い訳にして(汗)
自転車にほとんど乗っていない私ですが、これからの自転車シーズンに向けて新しいジャージを新調しました!

Raphaからのメールで、Milan-San Remoのレースのフィニッシュタイムを予想すると20%割引のクーポンがもらえるというイベントがあったので、

それに登録して、ブルベは全くしないのにも関わらずBREVET WINDBLOCK JERSEYを購入しました。^ ^
普段値段が高いRaphaだけど、20%オフになってもまだ高い!
でも20%安く買えるなら今しかないということで思い切って購入する事にしました。

BREVET WINDBLOCK JERSEY(ブルベウィンドブロックジャージ)の定番カラーを購入しました。20%のクーポンを使って約CAD$200くらいでした。

やっぱりRaphaといえばこのピンクのカラーは外せませんね。

前のラインは反射板の役割もあるのです。
こんな感じ、、

夜間のライドには良いですね!

なんで普通のジャージにせずに、BREVET WINDBLOCK JERSEYにしたかと言うと、BREVET WINDBLOCK JERSEYは正面の生地がナイロンになっていて風を防げるからです。
こんな感じに袖はウールに対して、正面はナイロン素材です。

お腹の弱い私は冷えるとお腹が痛くなるので風を防げるこちらのジャージにしました。
本当は普通のブルべジャージと、ベスト(ジレ)を買いたかったのですが、その方がコストが嵩むので諦めました。
長距離のブルべ用だけあって他のジャージより収納が多いのが良いです。

着た感じはこんなんです。
身長174cm、63kgで肩幅が結構ある体型でSサイズを注文。
身体が歪んでいるのは気にしないでください。
イギリス人は上半身が短いのか、いや、、
私が胴長なので丈が短かったです。
あと、結構タイトだったのでMサイズに変更しようか検討中です。

ジャージの他にシティーライド用に、
ウィンドジャケットを購入しました。
完全な衝動買いです。
セールで280ドルくらいだったと思います。
リバーシブルで裏返すと以下のような感じです。
ブレべジャージと同じ2本線が特徴です。
日中は黒側を着て、夜は反射板がついているライン側を切れると言う街乗り用のジャケットです。
Sサイズでこんな感じです。イギリス人は手が長いので手が若干余ります。
その他はジャストサイズでした。
普段どっか自転車で出かける際に使用したいと思います。
ちなみに防水ではありません。
Raphaは素材が良い、デザインが良いのはわかりますが、
何より値段が高すぎ、、、
それでも買ってしまうのは、やっぱりブランド力ですね!
Raphaを着るだけでなんかモチベーションが上がる、そんな力がRaphaには有るんですよね〜。

チャリ男の最近の購入品でした〜。
ではでは〜。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です