リーバイス501XXを求めて

Pocket

こんにちは。
チャリ男です。

人は皆、通り周りをして最終的に原点にたどり着くんですよね?
えっ!?何がって。
え〜ジーンズの話です。
これまでたくさんのジーンズを履いてきました。
ヨーロッパの高級ブランドから日本、アメリカまでた〜くさん履いてきました。
特に若い頃は、(今でもたまに履きますが)ディースクエアードやドルガバのジーンズをアホほど購入していたわけです。
でもね、
結局歳を取る、原点に戻るんですよね。
遠回りして、結局はそのOriginが一番良いと言う事に気付くんです。
自分で仕入れをした Doublewoodはまだまだ全然履いてますが、結局ジーンズの原点、「Levi’s 501」に戻って来る訳です。

中学生の頃は、アメカジブームだったので毎日501ばっか履いました。よく大阪のアメ村にある古着屋に行き501xxを買ってました。当時もそれなり値段はしましたが、今に比べると大分安かったのです。程度良いのも大分出回ってましたし。

日本で買うのは高いので、カナダであればファッションを気にする人も少なく、古着文化もたいしてないので、501xxを求めて古着屋に行って見ました。
11年ほどカナダで暮らしていますが、カナダで初めての古着屋です。とりあえずロブソンの2階にある古着屋さんへ。

海外感満載の店内。
古着屋の匂いがなつかしい。



あれ??ジーンズこんだけ、、、
もちろん501どころか、まじでゴミ見たいのしかありませんでした。笑

置いている物を一通りみましたが、カナダの古着屋は本当にただの古着屋さんでした。苦笑
多分で、良いもの日本のバイヤーさんが買い占めてお店には入ってきません!良いジーンズ探すなら日本で探しましょう!

ではまた!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です